MacBook Proが故障!

 ここ1週間ほど、普段使っているメインパソコン(メインと言ってもこれ1台だが)のディスプレイに異常が発生。使っている機種は「MacBook Pro (13-inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)」だ。症状はというと、普通に使用中に開いているディスプレイを少しでも手前に動かすと、ディスプレイのバックライトがほぼ真っ暗になってしまうというものだ。また、スリープ状態からディスプレイを開いた時も同じように、ディスプレイが明るくならないという時もある。いずれもPC本体は動作しているのだが、ディスプレイだけが暗くなってしまうのだ。早速、購入店のヨドバシカメラに持っていったのだが、良い回答が得られず一旦持ち帰り、ネットを検索したところ、「iPhone+iPad FAN (^_^)v」というサイトに同じ症状で修理に出したという記事を発見した。この記事の内容から、「13 インチ MacBook Pro ディスプレイバックライト修理プログラム」というものをAppleが行っていることを知った。Appleのサイトによると以下の症状があるとのことだ。

ごく一部の 13 インチ MacBook Pro のディスプレイに以下の症状 (のいずれかまたは両方) が現れる場合があることが判明しました。

・ディスプレイのバックライトが、画面の底部に沿って明るい縦方向の領域を継続的または断続的に表示する。

・ディスプレイのバックライトがまったく機能しなくなる。

この問題が確認されているのは、2016 年 10 月から 2018 年 2 月までの間に販売された 13 インチ MacBook Pro です。Apple や Apple 正規サービスプロバイダでは、対象となる MacBook Pro を無償で修理させていただきます。

https://support.apple.com/ja-jp/13-inch-macbook-pro-display-backlight-service

対象モデルは以下の通り。

  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)

まさに上のモデルが今私が使っているPCであり、修理対象品ということだ。一言で言えば、「リコール」ということ。この修理プログラムの説明文の最後に、

本プログラムは、対象となる MacBook Pro に対し、その最初の小売販売日から 4 年間適用されます。

https://support.apple.com/ja-jp/13-inch-macbook-pro-display-backlight-service

製品購入から3年3ヶ月経っておりApple Careの保証期間も終わっていたが、「4年間適用」ということで適用範囲内なので一安心した。

早速最寄りの修理受付店舗(クイックガレージ)に予約を入れてPCを持っていった。症状を説明し、他に異常がないかを診断されたところ、他には異常は検出されなかった。そのまま修理に出しても良かったのだが、Appleからの返送に対して着払いの送料がかかってしまうとの事。ベストは「Appleサポート」に電話して修理受付を直接してもらうことだ。こうする事でヤマト運輸が自宅に集荷に来る上、修理後のAppleからの返送も無料。集荷に来た際にはPCをそのまま渡せば良い。梱包はヤマト運輸が行うそうだ。

自宅に戻ってAppleサポートに電話し、30分ほどで手配は完了。翌日の集荷、修理期間は3~5日(COVID-19の影響で伸びる可能性あり)との事だった。

一番初めにPCの購入店である、ヨドバシカメラに持っていった際(5年の延長保証に入っていたため)、症状を話してもこの「修理プログラム」のことには一切触れられなかった上、通常でAppleは4〜5週間(!)かかるなどと言われ(受付の店員の態度と信用性も悪かったため)一旦家に持ち帰ったのだ。しかしながら、正しい手続きを取ればこのようにスムーズかつ迅速(3〜5日)に問題は解決する。明日集荷のため実際に何日で返ってくるかは分からないが、とりあえず一安心だ。「iPhone+iPad FAN (^_^)v」の記事によると、ディスプレイが丸ごと新しくなって返ってきたとある。我がPCもかなりホコリや手垢が付いているので、新品交換だと大変嬉しい。そして今回助けていただいた「iPhone+iPad FAN (^_^)v」に感謝だ。

Yasu

コメントを残す