自由が欲しかった

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今更だが、会社を辞めた理由に自分の中で整理がついた。文章で残しておきたいと思う。

大きく言ってその理由は二つあった。一つは、管理職のようなことをやりたくなかったこと。もう一つは機嫌の悪い東京人に囲まれて電車通勤するのが嫌だったこと。この二つに共通するのは、「不自由」ということ。15年会社に勤めている間に、色々なものからがんじがらめにされていた。ので、逃げた。

会社で中堅にもなると、色々と大変だ。上からの命令と後輩からの相談事。それらの内容には私は一切興味がない。事務的に仕事だと割り切って処理するしかない。そんなことに私は意味を見出せなかった。仕事だとしたら、私はその中で成長していきたいと思っている。それがいつしかなくなってしまったのだった。喪失感と嫌悪感の中でお金を「稼いで」いるだけだった。私という人間が失われていくのが怖かった。これだけは避けなければいけないと思った。

2019年1月1日。自宅から見える景色は雲ひとつなく快晴だ。自分の人生を絶対に誰かのせいにしたくない。これを一番の念頭に置いて、今年からは自由に生きたいと思う。

Yasu

コメントを残す