ドローン初心者に超オススメ!『TELLO』は価格を超えた安定性能で超楽しめる!

TELLO

前から欲しかったドローン

実は以前からドローンに興味があって飛ばしてみたかった。でもいざ買おうとすると、値段が高いのがネックになっていた。

久しぶりにAmazonで値段をチェックすると、意外と安いじゃないか。当然、私は全くの初心者なので小型のものから選ぶことになるが、小型のものは大体1万円台が中心だ。

国土交通省は重量200g以上のドローン(無人航空機)に対し飛行ルールを定めていて、人口集中地区や空港の周辺、150メートル以上の高さで飛ばすには許可が必要となっている。

このような規制を受けない200g未満のドローンをホビードローンと呼ぶ。今回はこの初心者向けのホビードローンから選び、ちょっと人気のない草むらなどに行って気軽に練習したいなと思った。

 

ドローンメーカーとして実績のあるDJIから技術提供を受けた「TELLO」

TELLOは手のひらサイズのドローンである。”トイドローン”と呼んでいるが、ほんとに見た目はオモチャのようである。重量も80g程度と大変軽い。社外品だが、専用のケースもあってツーリングに持っていくには最適である。ただし飛行距離は100メートル、高さは10メートル程度となっている。飛行距離はWi-Fiの通信可能距離であり、TELLOはスマホにアプリをダウンロードしてコントローラにしているため、通信可能距離はスマホのスペックによる。今回、キャンプ場で山並みなど撮影したが、正直、飛行距離がもっと欲しいと思った。だが、TELLOは何しろ手のひらサイズなので目でドローンが確認できなくなっても不安だ。

TELLOの製造メーカーはRyzeTech社である。この会社、どうやらTELLOしか作っていないようであるが、ドローン最大手のDJIから技術提供を受けているということで、性能も満足いくものだった。安定したホバリングとコントローラーの反応の素直さ。720pだが、映像も満足できるものであった。

飛行可能時間はバッテリーの持ち次第だから、このサイズで13分は許容範囲だろう。プロペラの回る音は意外と大きいなと思った。まあ、4つのプロペラが高速回転するのだから当たり前だろう。こういうものだということだ。

このRyzeTech社「TELLO」であるが、お値段は約12,000円だ。私はこの性能なら安いと思った。個人が上空からの写真や映像を撮ろうと思ったら、ドローンが一番安くて早いだろう。ラジコンとして操縦しているだけでも楽しい。TELLOのサイズであれば屋内でも楽しめる。TELLOならば人気があるので、替えパーツもすぐ手に入る。これは非常に重要だ。ドローンはほとんど中国製品なので、不人気機種だとパーツが手に入りにくかったり、価格がバカ高かったりする。このトイドローンでたくさん練習して、上位機種にステップアップを目指すのも良いだろう。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

キャンプ場で初撮り

先週訪れた内山牧場キャンプ場でTELLOを飛ばしてみた。やはりもう少し飛行高度が欲しかったが、初めて広いところで飛ばせて面白かった。

まだ操縦が下手くそだが、興味があれば見ていただきたい。

 

Yasu

コメントを残す