【ニューモデルインプレッション】ヤマハ NIKEN

NIKEN

いやー、ヤマハからすごいのが出ましたね〜。

NIKEN

ヤマハって斬新なデザインのモデルをいつも出してくるイメージがありますが、これは過去最大の斬新さでしょうね〜。

ニューモデルが噂されていた時、マジでこんなの出すのか!?と思いました。まるでトランスフォーマーみたい!映画のトランスフォーマーは大好きなんですけど、これはどうでしょう?正直に言えって言われたら、好きではない!

デザインはさておき、いかにもフロントが重そう…フロントフォークが4本あるって…まあ片持ちですから、一本では剛性が少ないのでしょう。

フロントが重そうなバイクって運転しにくそうな感じかするんですよね。BMWで言えばR1200RTとかですねー。取り回しが大変そう。まあ、荷物満載の時のGSがフロント浮きそうになることを考えれば、ツーリングするときにはバランス良いんでしょうけどね。でもビックリ!このNIKENは前後重量配分が50:50だそうです。とてもそのようには見えないんですがね。

三輪ですか。形がバイクらしくない…トリシティで免疫は少し落ちてはいるんですけど、前から見た時の横幅がハンパないですね。

でもこの『LMW』、なかなか面白そうな技術ではないでしょうか。段差を乗り越える時とか前一輪のバイクより緊張しないでしょうし、ブレーキング時やウエット路面での安定性はかなり高いのではないでしょうか。私のように荷物満載ツアラーにとっては大変心強い!

スペックは?

気になるスペックは、845ccで116PS!パワフルですね!車重は263kgと想像通り重いですが、三輪ですので仕方ありません。そして自立はしないし立ちごけもする可能性があるので、気を抜いてはいけません。

体力が気になるけどビッグバイクに乗りたいご年配の方々には、大きな選択肢の一つになるのでは!?

もしかしたら、私も将来乗ってるかも!?

 

でもやっぱりリアシートなんだよね〜日本車全般に言えることなんだけど。タンデマーのお尻の痛みをもう少し考えていただけるよう、何卒お願い申し上げます。どうにかしてください!

 

p.s. R1200GSのトランスフォーマー顔は好きです。

Yasu

コメントを残す